工事業者を利用するなら未然の対策とお得な保証を使おう

アンテナ故障を防ぐために対策を施す

積雪や突風などの被害によってアンテナが破損するのを防ぎたい場合は、災害対策を実施しておく必要があります。住宅で長い間アンテナを使い続けていくためにも、アンテナの故障を防ぐ適切な対策法を調べてみましょう。

故障を未然に防ぐための対策

アンテナの設置場所を考慮する
雪や雨などの影響によってアンテナが劣化するのを防ぎたい場合は、アンテナを室内へと移動させてしまいましょう。屋根裏のような場所に設置すれば、日常生活の邪魔にもなりません。しかしアンテナを室内に設置すると、ガラスや壁などの影響で受信効率が悪化してしまう恐れがあります。そのため、移動させる際は必ず電波測定を行なう必要があります。
定期点検を利用する
アンテナ工事を実施してから長期間放置していると、動作状態が変化してしまい受信率が悪化してしまうことがあります。こうしたトラブルが発生するのを防ぐには、業者の方に定期点検を実施してもらうのがオススメです。定期的にアンテナの設置状況や本体の状態を確認してもらえば、経年劣化を防ぐことができ、長くアンテナを使い続けることができます。

保証内容も確認しておこう

アンテナの設置作業を取り扱っている業者の中には、施工する際に保証を付けてくれる業者が存在しています。このような業者に施工を任せておけば、万が一工事を行なった後故障が発生しても、無償で修理や交換をしてもらうことができます。しかし業者によって提供される保証内容は異なるため、利用する際は事前に依頼先の業者が設けている保証内容をよく確認しておきましょう。業者の方に問い合わせをすれば、簡単に保証内容の詳細を確認することができます。

TOPボタン