アンテナ工事を実施した後はこまめな点検を忘れずに

アンテナの故障を確認するポイント

案内をする男性

屋根に設置したアンテナは耐久性がそれほど高くないため、突風や積雪などの現象で故障してしまいやすいと言えます。そのため自宅で快適にテレビ鑑賞を楽しみたい場合は、定期的にアンテナをチェックするようにしましょう。「故障かな?」と感じたら、以下の流れでチェックしてみましょう。

アンテナをチェックするポイント

複数台のテレビを確認する

住宅の中に設置してある全てのテレビが映らなくなった場合は、アンテナに何らかのトラブルが発生している可能性が高いです。住宅内に普段通りに機能しているテレビがある場合は、配線や接続部分に問題があると考えられます。

アンテナの傾きを確認する

アンテナが傾いていると、電波の受信度が悪くなってしまい、テレビの映像が乱れてしまいます。そのためテレビの映像がはっきり映らない場合はアンテナの状態を確認し、業者に角度を正してもらいましょう。

アンテナ本体の破損を確認する

アンテナが積雪や落雷などの災害によって破損していた場合は、業者の方にアンテナを交換してもらう必要があります。そのままにしておくとテレビが視聴できなくなるだけではなく、落下事故などを招く危険性が高いです。

災害が原因によるアンテナ故障なら

火災保険には雪災補償と風災補償があり、突風や積雪などによってアンテナが破損した場合は保険で修理費用を支払うことができます。しかしフランチャイズ方式で火災保険に加入している場合は、設定した金額よりも修理費用が高い場合にのみ資金が支払われます。そのため修理費用が設定した金額よりも安いと、自己負担で修理費用を支払わなければなりません。火災保険を利用して修理を行なう場合は、事前に保険の免責金額を確認しておきましょう。

TOPボタン